ヨーグルト及び牛乳と混ぜて食べる

ヨーグルト及び牛乳と混ぜて食べるのもオッケーですし、言うまでもなくそのまま何も加えずに食べることもできます。それから、アイスクリームのトッピングの素材として使用するのも良いでしょう。

近頃「フルーツグラノーラ」という食料品の名をよくききます。は、オーツ麦のほかライ麦、玄米などの穀物類のほかイチゴやリンゴ、レーズンというような乾燥フルーツ、そのうえナッツ類にシロップを混ぜてオーブンで焼き上げてから、割って作ったシリアルです。便秘が解消されることによりお腹の付近がすっきりしたり肌の状態が改善されたりといった美容の面でも効果が望めます。

さらにオーツ麦には鉄分並びにカルシウムも多量に含まれていたり、レーズンについては抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれます。

野菜のスムージーも流行っていますが、作るのがおっくうに感じる人も少なくないはずです。
ですが、なら手間をかけずに食べられるため、若い女性を中心に今かなり人気のある食品なのです。

そのため食事を1食に置き換えるだけでも摂取カロリーの量を削れます。

もしもさらに摂取カロリーをカットしたいと思う際は使っている牛乳を低脂肪牛乳や豆乳にすれば、一段と摂取カロリーをカットできます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ